Can’t win them all

Can’t win them all such is life

「すべてうまくいくわけじゃない。世の中そんなもんだよ」

自分の好きな言葉のひとつでもあります。

教習をスタートしていきますと、上手くいかなくなる時が

必ず来ます。ある本を読ませていただきましたが、

人生においても以下のようにバイオリズムがあるようです。

成長期 全てが上手く回り始める

停滞期 自分以外に責任の所在を探す

活動期 だったら自分でやるしかない

過渡期 やることなすこと全てが裏目に出る

 

成長期 生まれて初めて教習車に乗っていただき

自動車が動き、止めるというプロセスにおいて、

ほぼ全員の方が、ガツ~ン!!とブレーキをかけます。

ブレーキの強さ、どの程度で踏んでいいのかわからず、

ほんの少しのつもりで踏んでいただいたと思うのですが

助手席に乗らせていただいている自分は、

「ぐぇえ!!吐いちゃう!」とか「目玉取れちゃう!!」

という、発言をいたします。

いえ。すべての方にではありません。

そこまでの過程で、おそらく信頼関係を

ある程度構築したうえで、捨て身の

オヤジギャグのつもりで言葉を発します。

本気でごめんなさい!!とおっしゃられる

方もいらっしゃれば、ぎゃははと笑って

いただける方もいます。個人的には、

笑っていただけるととても嬉しいです。

 

一番悲しいのは「無反応」です。

渾身の無反応をされますと、2日ほど

ご飯がノドを通らなく・・・なりませんが、

少しだけ。凹みます。

ドンドン成長されていきます。

アクセルの踏み方。ブレーキのかけ方。

ハンドルの回し方。安心してください。

反対車線を走行されることも、芝生の中を

走行されることも我々指導員にとって、

想定の範囲内です。おそらく、それまでの

人生において、反対車線を爆走されるかたも、

芝生の中を走行されることも目撃された

ことは無いかと思いますが、我々指導員に

とっては、日常茶飯事ですので、何も

心配ありません。この成長期において、

最初は多少ぎこちなかった操作が、

劇的に楽しく感じていく時期であると

思います。

停滞期 今までうまくいっていたことができなく

なっていきます。外周が上手に走れるようになり、

交差点もそれほど難しく感じていなかったにも

関わらず、S字コースやクランクコースといった

狭い道を走行する教習になるとこのプロセスを

経験するとは思います。

もう少しゆっくりと。。半クラッチが~~。

タイヤの位置が~。内輪差が~。切り返しが~。

もう、わけがわからなくなってしまい、

指導員の言うことが「宇宙語」になってきて

指導員の言ってることが違う!!という、

ことが往々にして起こってきます。

 

活動期 誰も助けてくれない。教本を開いたり、

家族や先輩や友人に聞いたり、指導員の言っていた

ことをふと思い出したり、自主的に行動量を

上げていきます。自分に自信を持ち始め、

失敗を恐れなくなり、成長を感じ始めると

ともに、指導員のひとことがイライラ

し始めるのもこの時期の特徴かもしれません。

 

過渡期 やること全てが裏目。人生のどん底

を感じる時期なのかもしれません。わかって

いるにもかかわらず、できない。確認が

できるようになってきたと思ったら、

今度は合図が出ていないと指摘され、

合図を忘れずに出せたと思ったら、

今度は寄せが甘い。確認が甘い、

速度が速すぎる、遅すぎる・・・etc

この時期に投げ出したくなったり、

教習に来なくなってしまう方も

いらっしゃいます。一緒に入校した

友達が、どんどん先に行ってしまい、

やる気がなくなってきて、エネルギーが

枯渇し始めます。。。。。

この瞬間にあきらめちゃダメです。

あなた様のもう一度やってみよう!!との

覚悟が決まった瞬間。次のステージに

いる新しい人との出会いが必ずあります。

やぁ!ようこそこちらの世界へ!

突然、降ってわいたように。目の前の霧がかった

世界が晴れていくように。

現在の価値観や固執していたものが破壊され、

スクラップ&ビルドが始まり、新しい

ステージにおける新しい成長期が始まります。

 

この過渡期が一番苦しいです。何をしても

上手くいかず、周りの人やものが離れていく。

孤独感が増していき、人によっては、

この世にいる意味さえわからなくなって

しまうかもしれません。使い古された

言葉かもしれませんが、空けない夜は

ありません。降り止まない雨はありません。

上のステージから、やぁ?どうしたの?

と、現在のステージからは考えられない

ようなステージを平気で過ごしている

人から必ず、助け舟が出されます。

 

諦めなければ。。そうです。

諦めさえしなければです。

 

人は変化を嫌う生き物です。

良くも悪くも変化を嫌います。

いくら良くなりたい変わりたい

と願っても、このプロセス、

バイオリズムからは逃れられない

と言われています。

 

今、あなたは何期ですか?

諦めずにいますか?

 

最後までありがとうございました。