9月29日(日)交通安全教室

次の日曜日、29日に子ども交通安全教室を開催します。

子ども会の皆様が、毎回30名程(親御様含めて50名程)

お越しいただいております。当日は、安全講話、

ゴーカート等9時~11時くらいを目安にみなさまに

楽しみながら、交通安全の勉強をしていただいています。

当日は、セジコウ卒業生・在校生の皆様。これから、

免許を取得したいとお考えの方。飛び入り参加も

受け付けておりますので、気軽に足を運んでやって

ください。よろしくお願いします。

ありがとうの反対の言葉とは

先日、ある新聞に掲載されていた論説だそうです。

ありがとうの言葉の反対は何かわかるかな?

新聞に書いてあったんだけど・・・。と。

先日、先輩指導員からこんな質問を投げかけられました。

足りない知恵を振り絞って考えました。

不満・・・。文句・・・。言い訳・・・スミマセン。えーとなんか違うような。

ありがとう。感謝の気持ちの反対は

「あたりまえ」なんだよ。と。

はっ!!と思いました。

我々自動車学校の指導員というのは、教習生の方からは先生と

言っていただけます。自分自身、先生というフレーズが好きでは

ありませんが、天狗になってしまう可能性を持っています。

 

こんなことできてあたりまえ。

さっきいったのになんでできないの。

教習生が車で待っているのがあたりまえ。

ありがとうございましたと言われることがあたりまえ。

 

感謝の気持ちを、ありがとうの気持ちを忘れてはいけない。

そんなことはわかっているような気になっていましたが、

そうではなかったんだと改めて思いました。

 

教習生の方々が決して安くはない教習費をおさめて

いただけるので我々は仕事をさせていただけます。

教習料金以上の運転に関する知識、技術、接遇を

提供できてこそ、プロであると自覚しなくてはいけません。

みなさまの努力を後押しできる「言葉」を磨くこと。

運転に関する希望、不安を一緒に解決していこうとする姿勢。

ときに命に関わることであれば、嫌われることを覚悟の上で

厳しい言葉を投げかけることもあるかもしれません。

瀬戸自動車学校の指導員の夢は、たずさわったすべての

教習生の方を事故から守りたい。そう思います。

 

数ある教習所の中から瀬戸自動車学校を選んでいただいた

教習生・卒業生のみなさまに、あらためてお伝えしたいです。

「ありがとうございます」