A川指導員へのお褒めの言葉について

A川指導員の教え方は本当にわかりやすいので助かりました。

ありがとうございました。

とのコメントをいただきました。T様。本当にありがとうございます。

A川指導員に特に許可を得ておりませんが、ネタにさせて

もらおうと思います。

彼女のとてもわかりやすい教習は、とても評判です。

教習生の方から、A川さんの教え方がわかりやすかった

というのは、アンケートでも見受けられますし、

直接教習生の方からも耳にします。

 

うちの自動車学校の誇りでもあると思います。

このようなお褒めのお言葉をいただきますと、

自分のこと以上にうれしくなってしまいます。

 

 

ただ、教習生の方からお話しを聞いたことが

あります。A川さんが休みの日に何をしている

のかこないだ聞いたんですよぉ。そしたら

「公園でブランコをこいでいる」

とのことでした。

とても、ステキな趣味であると思います。。。。。。。

どのようなレベルでブランコをしているのか。

ぐるんぐるん、大回転させながらこいでいるのか。

ゆったりと物思いにふけりながら夕日を

眺めてこいでいるのか。

ブランコから飛び出す角度と速度により、

物理の法則の観点から、どの程度自身が

ブランコより放出される飛距離が

生み出されるのか計算し、

メモしているのかもしれません。

 

私は、薄ら汚いおっさんですので、

うら若きレディに対して真意を確かめる方法を知りません。

聞き方を間違えるとハラスメントになりかねません。

生徒さんから「休みにブランコをこいでいる」

という話を伺い、私みたいなヘタレの中で昇華

できるものではなく、おそらく崇高な目的と

手段が彼女の中で「休日にブランコをこぐ」

という行動に具現化されているものであると

確信しております。

 

ぜひとも教習中に雑談ができるようであれば、

その真意をみなさんで雑談する余裕がございましたら、

訊ねていただきたいと思います。

 

我々指導員も、みなさんと雑談することは

楽しく感じます。その会話の中から、教習に

役立つアプローチを見つけることもあります。

 

先日、塾の先生をアルバイトでされている方と

教習をさせてもらいました。なかなか大変な

仕事であると思います。

生徒さんは千差万別、十人十色。

自分で解決の糸口を見つけ、勉強の

方法を自ら生み出すことができる生徒さんも

いらっしゃれば、先生側がわかりやすいと、

自己陶酔しているだけの説明方法を振りかざし、

「できないのは生徒が悪い」と結論付けて

しまっていないか。省みる必要がある。

と、同じ誰かに何かを説明する立場にある者同士、

二人でなんとなく、結論を出しました。

 

教習生の方もおっしゃられていました。

 

お金払ってるのに、なんでそんな言われ方

しなくちゃいけないんだろう。と。

教習が楽しくなくなり、自動車学校に

来るのがしんどくなりました。と。

 

とても申し訳ない気持ちになりました。

 

人間ですもの。気が合う合わないは

ございます。昔、師匠に言われたことを

思い出します。

 

「お前は生徒さんから5,000円以上もらって

 いるんだから、プロとして10,000円以上の

 価値のあるもの。満足してもらえるものを

 提供して初めて認めてもらえるんだ」と

コンコンと指導してもらいました。

 

正直に言って、納めていただいた教習料金の

倍以上の価値のあるものを提供できている

自信は、指導員になって20年経ちますが

ありません。せめて、等価交換。

対等な立場で、同じ目標に向かって、

少しでもいいので、教習生の方に満足

してもらえるような教習をしたいとは思います。

 

しかし、先日のアンケートでご指摘を

いただきました。

「舌打ちされた」と。

 

弁解の余地はありません。

自覚症状なくしていたのでしょう。

申し訳ありません。

 

よしんば、言い訳が許されるのであれば、

教習生の方が、同じ過ちを繰り返して

しまうのは、我々指導員の責任であって、

教習生の方に責任はありません。

 

自分の持てうるボキャブラリーや経験を

持ってしても、正しい方向や、出来なかった

ことを出来るように伝えられなかった、

自分のスキル不足や話法に悩みます。

自分の力不足にいら立ちを覚えることは

多々ございます。その空気感にハッとして、

しまったと思うこともままあります。

 

アクセルをもっと踏んでみてください。

ブレーキをもっと踏んでもいいですよ。

 

これを何度、繰り返し伝えても、

やろうとさえしてもらえないのは、自分の

スキル不足以外の何ものでもないですし、

私に対する信頼の無さが原因であると

思います。

 

教習生の方からの声が聞こえてきそうです。

 

ぶつかったらどうしてくれるんだ!

失敗したくないし!!

 

教習は難しいです。

 

できないのとやらないのは違います。

ぶつからないように指導員がいます。

失敗じゃなくてうまくいかない方法を

たくさん経験してもらうために指導員がいます。

 

仮に失敗が存在するのであれば、我々指導員が

責任を取ればいいことです。

 

私は、ガラスハートの持ち主ですので、

何かありますと、脊髄反射で凹みます。

 

小学1年生のころに、調子に乗りすぎて

ブランコをこいでいて、頭頂部から

地面に着地して以来、ブランコが好きでは

ありませんが、今度夕日に向かって、

黄昏ながら、ブランコをこいでみようと

思います。

A川指導員に。ブランコのプロに。

心が安らぐためのブランコの

こぎ方を聞いてみたいですが。。。。

2度と口をきいてくれなさそうな

気がしますので止めておきます。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です