U田ゆりやんについて

先日のブログの内容で、A川指導員に直接質問を

された教習生の猛者がいらっしゃった。との報告を

A川指導員が朝してくださいました。

A川指導員に、罵倒され、プライバシーの侵害だ!

「2度と口きくか!ク〇じじぃ!!」

と叱られると思っておりましたが・・・。

「ネタにしていただいてありがとうございます」

「ブログ読んでる方なんているんですね」

A川指導員が100万ドルの「苦笑い」で話して

くれました。こぼれ落ちる白い歯がとても

印象的でした。。。ということを

書くから、きっと私は〇ソじじいなんだと思います。

 

朝から、白い歯っていいな♪ホワイト&ホワイト♪という

メロディが爆音で頭の中をかけずりまわりました。

最近の若い方は、絶対に知らないと思いますが、

1986年ごろの歯ブラシのCMのようです。

先ほどググりました。はい。

 

U田ゆりやんのことを忘却しておりました。

現在、彼女は指導員審査に向けて、

勉強しております。

21学科の教室や第2教室で、

山のように積まれたテキストや参考書の

隣で壁に向かって、半笑いを浮かべながら

読経のように何かの呪文を唱えていたら、

間違いなく彼女です。

全身真っ黒な服装が多く、髪型はショートカットです。

めっちゃ似てます。

寝てるのか起きてるのか、たまにわからなくなる

くらいの切れ長のステキな目をしてます。

たまに自習室で作業をしておりますと・・・。

 

あのさぁ?わからんのだけどいい?

 

と。ツレかダチだと思って話してくださります。

とても素晴らしい後輩でございます。

 

私も20年ほど前に指導員審査を

受けました。同期は愛知県内で7名。

同じような境遇の仲間が3週間ほど。

講習会場で朝から晩まで一緒に過ごします。

同期の仲間意識は高まっていきます。

 

おそらくU田ゆりやんもこの先、

私とは環境の違う茨城の中央研修所に、

宿泊しながら、24時間管理下に

置かれ、大変な時期を過ごすと思います。

まだ見ぬ同期と一緒に乗り越えていくと

思います。どうか頑張ってほしいと思います。

 

僭越ながらツレからひとこと。

力愛不二

りきあいふにと読みます。

これを覚えておいてほしいのです。

力のない愛情は、幻想であり、

愛情のない力は、暴力でしかない。

力も愛情必要です。

でも、まず力が無ければ

話になりません。

 

指導員として力としての

圧倒的な知識や技術を身につける

ことが大切です。

 

その知識を知っていて当然だと教習生に

求めることは、無理なことです。

 

教習生に対する愛情。多岐にわたる

知識を身につけた上で、愛を持って

教習生に伝えてほしいと思います。

 

指導員になる前の事前教養において、

自主的な勉強の時間も含めると、

何百時間にもわたります。

人によっては、もっと長い時間、

勉強に費やすことになります。

 

その間の孤独や、無力さ。

なぜ指導員になりたいのか。

いや、別にならなくてもいいんじゃないか。

覚えたものが、手の間をすり抜ける

砂のように消えていくことに、何度

情けない気持ちになるかわかりません。

 

ゆりやんが朝早くから、孤独と戦い

ながら。自分の無力感に悩みながら

到達されるであろう、指導員としての

資格取得はあくまで通過点でしかありません。

資格取得することだけを目標に

してしまうと、そこで燃え尽き症候群。

バーンアウトしてしまいます。

 

資格取得の、そのプロセスにおいて

得たものは何にも代えがたい宝物

になることは間違いありません。

 

本気で教習生が将来に渡って、

無事故でいられるように。

順法意識を持ち続けられるように。

少しでも伝えられるように日々

努力していくことは、指導員として。

プロとしての仕事であると

思います。

 

考えていること。

思っていることが伝わらず、

悩むこともあると思います。

 

おそらく全指導員が抱えてきた

悩みであると思います。

 

上手い言葉で伝えることが、

指導員としてのスキルではありません。

教習生の方は、力(知識)で裏付けられた

愛情(幸せを願うこと)を

敏感に受け取ってくださいます。

 

無事故への願いや想いが本当に

心の中にあれば、言葉が上手いか

下手かは問題では無いはずです。

 

若い年代の方が指導員を目指される

ことを目を細めて見ています。

 

ゆりやんのように細い目で。。。

 

どうか。頑張ってください。

実際にしゃべりかけるとキモいと

思うので、クソじじい

は壁に隠れて見ておきます。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です