4月23日(読書の日)

本日、4月23日は読書の日ということで、読書をしましょう!!

以上・・・。では、さみしいので、しじみの日でもあるそうです。

4(し)2(じ)3(み)の日だそうです。

さて、私事で恐縮ですが、月に2、3冊は本を購入します。

今月は、時間もとれそうですので、5冊の本を購入しました。

その中で、出会った言葉「価値を創造せよ」というものがありました。

自動車の免許の価値というのは、人それぞれであると感じます。

仕事をする上で必要であると感じる方。

通学に必要であると感じる方。

とりあえず、みんなが取得するから・・。

身分証明書として免許がいるから。

 

運転できるようになりますと、劇的に行動範囲が

広がるとともに、好きな時間に、好きな人と、好きな場所に

行くことが可能になります。と同時に・・・。

リスクは当然増していきます。

人を殺めることができる、凶器である自動車を

運転することも可能になってしまうものです。

物事にはメリットとデメリットが存在します。

 

先日、あるお客様から、ご指摘を受けました。

「セジコウは、厳しくて、バンバン落とすらしいですね?」

否定も肯定もしなかったつもりです。

「危険な運転のまま、交通社会に出すような無責任なことはいたしません」

と答えました。言い訳のように聞こえるかもしれませんが、県下の平均で、

合格率が著しく低いわけではありません。

 

我々指導員の、責務は、検定に合格すればいいのではなく、

とりあえず、免許が取れればいいとも考えていません。

技術・知識・考え方・心の成長を伴って、あなたの人生を

有意義に、すばらしいものにするために、我々指導員は

存在しています。メリットを享受するためには、どのような

行動や考え方が、みなさんの人生を台無しにしてしまうかを

しっかり知らなければなりません。

デメリットを知らないまま。自動車のこわさを知らないまま

免許を取得してしまうということは、生まれたばかりの

赤ちゃんに、鋭利な刃物を持たせてしまうのと同じ

ようなものです。

自動車の本当の意味での危険性を瀬戸自動車学校では

お伝えしています。包み隠さず、我々指導員の経験も

お伝えしています。

国家資格である免許証を取得するということは、

あなたは、危険な乗り物の運転を国が認めますよ。

ということです。本当に価値のある免許を、せじこうで

取得されることを切に願うばかりです。

よろしくお願いします。

 

イトーヨーカドー尾張旭店さん 運転免許相談会

昨日に引き続き、本日4月20日(日)10時~17時まで

イトーヨーカドー尾張旭店さん北側平面駐車場側入り口

にて運転免許相談会を実施させていただいております。

比較的ゆっくりと、みなさまのお悩みをお伺いできるかと

思います。どうぞ、お近くの皆様。時間がありましたら、

足を運んでやってください。よろしくお願いします。

瀬戸市今林町で高齢者の事故

瀬戸市内で大きな死亡事故が残念ながら発生してしまいました。

先日、教習中に現場付近を走行中、道路が封鎖されていた

ようなので、迂回してきたという話を、ある指導員が言って

いました。誰も亡くなってないことを祈るばかりだよねと、

話していましたが、本日の朝刊に載っていました。

概要は以下の通りです。

16日午後6時50分頃、瀬戸市今林町地内で交通死亡事故が発生

横断中の歩行者に普通乗用自動車が衝突し80歳代の女性が死亡

 

愛知県下では、高齢者の方が事故に巻き込まれている

ケースが非常に多くなっています。十分気をつけて

運転しなくてはならないと感じました。

本日4月10日は・・・。

愛知県警のHPによりますと、春の全国交通安全運動期間中の

4月10日(木曜日)は、全国一斉の「交通事故死ゼロを目指す日」です。

県内一斉交通大監視(午前7時から9時の間)を行うようです。

当校も朝から、瀬戸自動車学校の前の道路で、街頭監視を

させていただきました。

 

新年度がスタートして10日が経ちます。少しずつ新しい生活にも

身体と心が慣れてくる頃かもしれませんが、もう一度気を引き締めて

日頃の運転を見直してみたいものです。

 

 

 

プライベートな出来事でしたが、先日、ものすごいスピードで

追いついてきた車が、はみ出し追い越し禁止の標示が

道路に示されているにも関わらず、私の自動車を

風のように追い越していきました。

次の赤信号で、その年配の女性の方は

停止していましたが、完全な見切り発車を

行っていました。

どれだけお急ぎなのか知りませんし、

どのような事情で、そこまで慌てていらっしゃるのか

わかりませんが、先方へ「少し遅れそうです」と

伝えるだけで、ゆとりのある気持ちになり、

安全な運転行動へとつながるのではないかと思います。

仮に、人生を揺るがすような、大事件を抱えて

いらっしゃって、1秒でも目的地に早く到着

することが急務であったとしても、

道路、公道は、あなた様だけのものでは

ありません。非常に厳しい言い方をさせて

いただきますと、あなた様がどんなに

急いでいようが、私には全く関係ありませんし

正しくルールを守っている人間が不利益を

被ったり、怖い思いをすることは、どんな

理由があるにせよ、あってはいけないと思います。

 

瀬戸自動車学校のすぐそばで、事故を起こされた方が

亡くなられたという案件が、4月2日にありました。

我々指導員の夢は、死亡事故を無くすことでもあります。

「間違った成功体験」を繰り返したあげく、事故につながって

いるケースが多い気がして仕方ありません。

 

黄色信号で交差点を突っ込んでいかれる方

制限速度をはるか超えて走っている方

タイヤを鳴らしながら、右左折される方

直進車よりも、素早く右折しようとされる方

その行為は、今はうまく取り繕うことができたのでしょう。

しかし、エラーやミスは蓄積していって、いつか大きな

代償を支払うことになると、統計上、そうなっているようです。

 

道路交通法は、諸先輩方が起こしてしまった事故を元に

つくられてきたように思います。先輩方が命を落としてまで

後世の我々に伝えようとしたもの。我々には、その思いを

受け止め、ルールを守り、適切な運転をする義務が

あると思います。少し長くなりましたが、

交通事故死ゼロを目指す日である今日。

真剣に事故を起こさない運転をしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

明日は4月10日は交通事故死ゼロを目指す日です

内閣府のHPによりますと、明日、平成26年4月10日は

交通事故死ゼロを目指す日であるそうです。

平成26年4月6日(日)から15日(火)までの10日間が

平成26年春の全国交通安全運動の期間と

位置づけられているそうです。

この4月の時期は、新しい生活を新しい場所で

はじめられる方が多く、また慣れない生活から、

疲れや、不安や悩みを抱えて、自動車の運転を

してしまうかと思います。

自動車の運転以外に気を取られてしまいますと

事故にすぐ直結してしまう危険性を持っています。

急いで運転するのではなく、気持ちを落ち着かせて

どうかみなさま、事故のないよう十分気をつけて

運転してください。よろしくお願いいたします。